虚言癖の行く末って?~30代 現役虚言癖が生々しく予想する~

虚言癖の行く末って?~30代 現役虚言癖が生々しく予想する~

 

今回は、

虚言癖の行く末という内容を書きます。

現役虚言癖の私が、どこよりも誰よりも

生々しく予想します。

 

行く末…といっても、

そもそも私は虚言癖を直そうと努力しているものの、

「行く末?」まで辿り着いておりません。

(30代ですから。笑)

 

ですので、

あくまでも「行く末の予想」をします。

 

せっかくなので、

虚言癖を直さない未来・直そうとした未来を

書いてみようと思います。

 

 

本日も

「虚言なく書かせていただきます。」

 

 

 

虚言癖の行く末 ~直さなかった未来編~

まずは虚言癖の行く末、

虚言癖を直そうとしなかった未来です。

 

「いつから~いつまで?」の想定なんですが、

学生時代~社会人40代前後までを想定します。

 

私の考えは、40代過ぎると

50になろう60になろうが、

大きく未来は変わらないと思っています。

 

ですので、上記想定のもと書いていきますね。

 

 

虚言癖を直さなかった未来①~成功する~

虚言癖を直さなかった未来①~成功する~

 

はい、まずはこれを思いつきました。

虚言癖を直さなくても、

ある程度人生成功する未来です。

 

「はぁ?」と思った方もいるかもしれません。

 

ただ虚言癖の人って、

うまく生きてる人が多いと思ってます。

頭の回転が速いし、嘘がばれなければ、

個人として良いイメージがついてる方もいるはず。

 

全ての虚言癖の人が、虚言癖と

バレているわけでないのです。

 

そもそも呼吸をするくらい、

自然に嘘をついていますので

嘘をつくことに関しては、とても上手です。

バレてない嘘の方が多いのではないでしょうか。

 

 

大抵「あの人虚言癖だ!」ってばれる人の

特徴は以下3つと考えています。

 

  • 虚言の数が多すぎる。
  • そもそも性格が悪く嫌われている。
  • 運が悪い。

 

大体上にあてあまるかな~と思いますね。

 

特に2つめの性格。

性格悪いだけで

そもそも他人から信用されないので、

嘘もばれやすい傾向にあるかと。

 

 

 

私の場合は、

虚言癖を直そうと必死で取り組んでますので

『直さなかった未来』には当てはまりません。

 

が、もし自分が虚言を直すつもりがなかったとしても、

上手く社会に溶け込んで、

なんだかんだ平凡に生きていける自信はあります。

特にストレスなく。

 

 

私は詐欺師でもなく、

人を傷つける虚言癖でもありません。

自分が褒めてもらえるよう、

承認欲求満たされたいから嘘をつくタイプです。

 

この場合バレなければ問題はなく、

むしろばれるまでは

良いイメージを持たれているはず。

 

ですので、虚言がばれなければ、

特に人生に大きな影響はないと思うんです。

(私は高校生の時にばれて嘘つき呼ばわりされましたけど)

 

 

 

虚言癖を直さなかった未来②~失敗する~

虚言癖を直さなかった未来②~失敗する~

 

さて、

行く末の失敗パターンはどんなパターンか…。

中々考えることが難しいですが、

やはり「嘘がばれ、信用を無くす」のが失敗パターン。

 

  1. 運悪く、嘘がばれてしまう。
  2. 結構大きな嘘がばれてしまう。
  3. 自分に関わりあるコミュニティ内(社内など)でばれてしまう。

 

この1~3全て満たしてしまうと大変です。

 

特に3については取り返しがつかない。

 

SNS炎上の現実バージョンが起こります。

あなたは現実世界で炎上することになります。

 

最初は嘘がばれてない!と思い込み、

いつも通りに嘘をつき続ける。

ただ、周りは既に疑っていますから、

バレやすい状況となっています。

 

そこで更に嘘がばれてしまい、

いつしか自分の耳にも、

嘘つき呼ばわりされている

ことに気づきます。

 

 

この状況となると

コミュニティから去るか、

真摯に謝罪するかのどちらかになります。

 

ただ、謝罪はあまり効果ないと思ってます。

正直、他人から一度失った信頼を取り戻すのは、

無理に近しいです。

 

やり直すためにコミュニティを去り、

新たなコミュニティを探すことになりますね。

 

 

いましたよ、私の会社の先輩に一人。

嘘が周りにばれてるのに、つき続けた人。

 

最終的に会社去ってました。

 

私は、自分も虚言癖だったもんなので

その光景が恐ろしかったです。

私もばれてないだろうか…と。

 

何も対策なんてないのに、焦って

今までついてきた嘘を思い出したりしてましたね。

ごまかそうと必死になってた。

思い出せもしないんですけどね。

 

 

とにかくね、

バレるってよりも

「どこでバレたか?」

が非常に重要。

 

 

バレた環境・場所によっては、

人生が変わるくらいの影響出ると思います。

しかも悪影響ですね。

 

 

 

*******************

 

バレなければそこそこ成功できて、

バレたら結構大変な目に合う、

という結論でした。

 

 

 

虚言癖の行く末 ~直そうと努力した未来編~

虚言癖の行く末 ~直そうと努力した未来編~

 

さて次は、

虚言癖を直そうと努力した未来予想です。

 

結論:他人と大きくは変わらない。

 

今回は私自身に当てはまるパターンです。

 

私は学生時代の嘘つき呼ばわりを脱却するため、

社会人になってから~今もなお、

できる限り虚言を抑えるように

努力してきています。

 

 

今のところ、虚言を抑える努力をしているので

「嘘つき呼ばわり」されることや、

「ばれないかヒヤヒヤ」することはありません。

 

この「ばれるか」「ばれないか」を

日常で気にしなくて良いのは、

虚言癖の人にとって

心の安心に繋がると思っています。

この影響は言葉以上に大きい。

 

「嘘つかないことで自分に自信が生まれる」

 

これが遠い未来でも、最も大きいのでは?

と私は考えます。

 

 

『虚言を抑える=普通の人とほぼ同じ』

 

 

という事なので、

特に大きく未来が変わるか?というと

そうでもないかなと。

 

他人と同じで、

運・性格・実力で未来は変わってくるので、

虚言癖かどうかは関係なくなってくる。

 

もちろん、

虚言癖は完璧に直せるものではないと思ってるので、

日常で多少の努力は必要となります。

その、若干の苦労はあるのではないかと思います。

 

 

虚言癖を直す努力をする人は、

「虚言癖による悪影響を抑える」だけ。

ですので、大きく未来が変わるというよりか、

普通になるって印象です。

 

 

私がそうですから。笑

 

 

⇒私が虚言癖を直すのに心がけていること

www.kyogenheki.com

 

 

虚言癖の行く末…虚言癖が全員悪だと思ってない?

この記事にたどり着いたあなた、

虚言癖が全員悪だと思ってないですか?

別に全員が悪人ではありません。

 

まぁ嘘をついてしまうので、

悪いには変わらないのですが。

 

  • 「全てが他人に迷惑を掛ける嘘ではない」
  • 「決して悪意ある虚言だけではない」
  • 「虚言癖も悪いけど、結局個人の性格」
  • 「嘘をつくのは仕事ではなく、プライベートが多い」

 

上記特徴があります。

 

嘘つくことを肯定はしません。

 

が、虚言癖は全員が詐欺師ではないです。

全員が極悪人ではない。

 

基本的に誰かを陥れる嘘はつかないし、

承認欲求満たすための嘘が多いと思います。

 

 

 

決して擁護するわけではないですが、

虚言癖を真剣に悩み・受け止め、

直そうとしている人がたくさんいます。

 

虚言癖全員が悪人ではないし、

詐欺師でもありません。

何度も言います。

 

虚言癖で悩みまくった私から、

ぜひあなたにも

知っておいてほしいと思います。

 

 

~現役虚言癖より~

 

 

虚言癖 行く末 まとめ

虚言癖の行く末、一言で言うと

「個人による」です。

 

虚言癖だから人生失敗するとか成功するとか、

正直全ての人が同じ人生歩んでないし、

千差万別だと思いますね。

 

  • 虚言癖だとバレなきゃ他者と何ら変わらない。
  • 虚言癖だとバレれば、信頼は落ち、悪影響がある。
  • 虚言癖を直す努力をしていれば、それこそ他社と変わらない

 

行く末が変わるとしたら、

「嘘」「虚言癖」がばれるかどうかが大きい。

(バレた人・環境にもよります)

 

 

 

私はといえば平凡です。

他者と同じような生活を送っているし普通です。

 

ですが、自分の発言によって

人からの信頼が地に落ちる可能性があるので、

直す努力をずっと継続中です。

 

ぜひ私(虚言癖)の行く末も、

数年後にはこのブログに書きたいものですね。

 

 

⇒なぜ虚言癖になるのか。

www.kyogenheki.com