虚言癖の私のエピソード『5つ』話します。思い出すだけで恥ずかしい。

虚言癖の私のエピソード『5つ』話します。思い出すだけで恥ずかしい。

 

今回は

虚言癖のエピソードということで、

私が実際に経験したことを書こうと思います。

 

思い出してみたんですけど、

大体は「嘘がばれる」系の内容。

それ以外は思い出したら追記していこうかと。

 

虚言なく書かせていただきますね。

 

 

 

⇒虚言癖を直したい全ての方へ。私も頑張っています。

www.kyogenheki.com

 

 

虚言癖のエピソード①『スキー上手じゃなかったっけ?』

虚言癖のエピソード①『スキー上手じゃなかったっけ?』

 

虚言癖エピソード一つ目は、

「スキー上手じゃなかったっけ?」という内容です。

 

  • 嘘の内容 ⇒ スキーで1級とってた
  • 嘘の相手 ⇒ 複数の友人

 

高校生の時についていた嘘です。

スキーを習ってて、検定で1級をとっていたと

嘘をついていました。

 

しかし、私が学生時代住んでいたところは雪国で、

毎年冬は必ず、スキー授業があります。

 

さぁどうしよう。

実際は検定なんてうけたことない。

運動神経は悪くないので、並みの人よりはうまいけど

さすがに1級は言い過ぎた。

 

特に対策なく、授業に行くしかなかったです。

 

スキーが本当に上手な人から見たら、

下手だったでしょうね。笑

ていうか、実際に仲がそこまで良くないクラスメイトに、

「え、一級じゃなかった?」と言われる始末。

 

  • 体調が悪いフリをした。
  • 聴こえてないフリをした。

 

この二つで授業を終えたのですが、

まぁ嘘はほぼ全員にばれていたでしょう。

 

 

虚言癖のエピソード②『サッカーうまいんじゃなかったの?』

上記スキーの話と似ていますが、

「サッカーうまいんじゃなかったの?」という内容。

 

  • 嘘の内容 ⇒ サッカーで市の選抜に選ばれていた
  • 嘘の相手 ⇒ 複数の友人・先輩

 

これは大学生の時についてしまった嘘です。

サッカーはやっておりましたが、

市選抜に選ばれるほどの

実力はなかったです。

 

中学生~高校生の頃よりも

大分嘘は減っているのですが、

大学生の頃もたまにこんな

嘘をついていました。

 

 

市の選抜に選ばれていたと言っていた私ですが、

先輩からフットサルの試合に誘われました。

ガチではなく、趣味程度。でも公式試合。

 

当時、サークルの同期にこの嘘を言っており、

噂を聞きつけた先輩方から誘いがありました。

複数の同期と私が誘われ、

練習や試合に参加するようになりました。

 

「ベンチ要員」

 

になりました。笑

そんなうまくないので。

自然と長くベンチを温めるように

なっておりました。

 

下手だな!とか何も言われませんでしたが、

結果が物語っています。

先輩が卒業したので、サッカーはなくなりました。

 

 

虚言癖のエピソード③『そんなこと言ったっけ?』

虚言癖のエピソード③『そんなこと言ったっけ?』

 

ひとつの具体例という感じではないですが、

「そんなこと言ったっけ?」の内容です。

 

  • 嘘の内容 ⇒ 過去の武勇伝
  • 嘘の相手 ⇒ 交際相手

 

これは社会人になったばかりの頃ですね。

私が虚言癖を本格的に直そうとする「前」です。

 

相手:「あれ?〇〇だったんだよね~?」

私:『え?そんなこと言ったっけ?』

 

嘘ついたことを全く覚えてません。

内容すら思い出せない。

 

多くはないですが、

会話の中でたまにこれが起こっていました。

 

交際相手との何気ない会話の中ですので、

特に話が大きくなったわけではありませんが、

記憶にない私は少しだけ焦っていました。

 

信頼関係のある交際相手だから、

甘えて自然とついていた嘘も

あったように思います。

 

ここで恐ろしいのは、

ついた嘘を全く覚えてないこと。

そのくらい自然と嘘をついてしまう。

 

数が多くないからまだ良かったですが、

嘘の回数が多ければ多いほど、

ばれる可能性も高くなりますし、

信頼も損ねてしまいます。

 

 

虚言癖のエピソード④『パンチ力一番弱いやん』

エピソード4つめ、

「パンチ力一番弱いじゃん!」

さて、なんのことでしょうか。

 

  • 嘘の内容 ⇒ ボクシングをやっている
  • 嘘の相手 ⇒ 友人

 

大学生時代に、

「週に何度かボクシングジム通ってるんだ」という、

とんでもない嘘をついていました。

過去通っていた、ではなく、今通っていたです。

 

ボクシング経験なんてないのにね。笑

 

 

なぜ、こんなバレやすい嘘をついていたのかは、

正直分かりません。

 

バレるリスクが高いのは分かると思いますが、

案の定、ヒヤヒヤするエピソードとがありました。

 

友人4人とお酒を飲んだ後、

ゲーセンでパンチングマシーンを

やることになった時です。

その時、私含め、

全員私がボクシングやってることを忘れてました。

(おそらく…)

 

結論、私が一番パンチ力弱い結果でした。

 

友人全員格闘技経験はなし。

体重とか色々あるものの、

一番弱いのはさすがにないですよね。

 

一言、

「あれ?ボクシングやってたよね!?」

で済みましたが、

私自身は言い訳を考えるのに必死でした。

 

幸い、そこから何も言われませんでしたが

普通に問い詰められる可能性もありましたね。

良い友人で本当良かったと思っております。

 

大学生の時は虚言癖だと、

本格的には自覚してない時期でしたので、

今思えば本当つかなくても良い嘘ついてたなと思います。

 

今でもその友人たちとは仲良くしています。

 

 

虚言癖のエピソード⑤『昔は悪かったんだが…。』

虚言癖のエピソード⑤『昔は悪かったんだが…。』

 

昔は悪かった(ヤンチャだった)、

虚言癖の良く聴く(?)エピソードです。

 

  • 嘘の内容 ⇒ 昔はヤンチャだった
  • 嘘の相手 ⇒ 友人や恋人など

 

悪自慢なんぞ流行らないのは分かるんですが、

この手の嘘は私もついたことがあります。

 

この嘘のせいで隠したかったのは、

学生時代の卒業アルバム。

到底ワルには見えない外見だったので、

友人や彼女には、一切見せられません。

 

その話題になった時は

いつも逸らしまくっています。

一番話題になると焦りますし、

未だに嫌だと思っています。

 

 

虚言癖のエピソード ~まとめ~

私のエピソードを5つ、書きました。

 

虚言癖のエピソードは大体、

ばれそう!ばれた!の話ですね。。

 

今回はネタ記事となりますが、、

虚言癖関連でお悩みの方も多いと思います。

このブログは虚言癖について、

全てを語り尽くすブログとなっています。

 

  • あなた自身が虚言癖
  • 虚言癖との接し方を知りたい

 

こんな方には、

このブログはとてもお役に立てるかと思いますので、

ぜひ他記事も読んでくださると幸いです。

 

 

 

 

⇒虚言癖のあるある話5つ書きました。

www.kyogenheki.com

 

⇒虚言癖の彼氏・彼女との付き合い方を独自目線で書いた。

www.kyogenheki.com

 

⇒虚言癖の特徴 女編

www.kyogenheki.com

 

⇒男性虚言癖の特徴を見たい方はこちら

www.kyogenheki.com

 

⇒虚言癖の男女共通の特徴はこちら

www.kyogenheki.com

 

⇒サイコパスと虚言癖は違うよ。

www.kyogenheki.com